PythonのAIで実際に何ができる?業務改善のためのPythonによるAIでできること
  • AIといえばPythonだけど具体的に何ができるの?
  • PythonのAIでできることって何?
疑問に思う人

AIの構築に使うプログラミング言語といえばPythonが一番有名ですが、実際にPythonのAIで何ができるのかわからなくお困りではないですか?

確かにAIと言っても定義が曖昧な部分もあるので、実際に何ができるのかというと意外とわからないと思います。

そのため、自分が思い描くことがAIとして実現できるかわからないと思います。

もし、自分の思い描いていることがAIとして実現できるのかわからないのであれば、AIのプログラミングスクールに参加してみて実現できるかということを確認してみましょう。
特にキカガクでは最終的に自分でWebアプリを開発することにもなりますので、自分だけのAIソフトを開発することもできます。
キカガクの公式ホームページ

この記事ではPythonでできるAIについてまとめました

ここにあることがPythonのAIの全てではない部分もありますが、AIの構築の参考になればと思います。

AIの学習をするかどうかで迷っている方へのアドバイス
そもそもAIの学習をするのはなぜですか?
もしかしたらAI以外のことを学習した方がいいかもしれないし、そもそも学習する必要性がないかもしれません。
また、AIの学習方法も色々ありそれぞれにメリットデメリットがあります
当サイトでは実際にAIのスクールで学んだ筆者がAIの学習理由や学習方法などを提示していますが、重要なことはAI学習までの正しい学習ステップを踏むことです。
このステップを踏まないでいると、勉強した方がいいかで迷ってしまい時間を無駄にしてしまったり間違えた学習方法でお金を浪費してしまうことになります。

コツリン
実際に俺も学習をするまでに悩んでしまって時間を浪費したり、余計な教材を買ってお金を無駄にしてしまったんだ・・・。

このSTEP自体は完全無料でできます。
みなさんはAI学習をするかどうかで迷ったり、お金を浪費することのないように当サイトのAI学習までの正しいSTEPを参考にAI学習をするかどうか決めてみてください。

AIとは

AI自体は人や企業によって考え方が変わりますが、現代においては機械学習と呼ばれる手法でできることを指すことが多いです。
▶︎関連記事:機械学習ってなに?|機械学習の意味から使いみちまで解説

機械学習とは過去のデータを人間が指定した手法で学習させることで法則を探し出す作業のことを言います。

探し出した法則を計算アルゴリズムとして未知のデータにこのアルゴリズムを適用し未知のデータが過去のデータと比べてどのようなデータなのかということを予測判断してくれることになります。

機械学習は過去のデータを分析し特徴を見つけ出すことで未知のデータの予測を行うためのアルゴリズムを作り、アルゴリズムから入力結果に対する出力が得られる

また機械学習の中にはディープラーニングと呼ばれる手法があります。
▶︎関連記事:ディープラーニングって結局なに?人工知能との関係でみるディープラーニング

このディープラーニングは非常に応用範囲が広く自然言語処理や画像の生成など予測判断という枠組みを超えた応用方法も存在しています。

PythonのAIでできることの例

Pythonで作れるAIはいろいろありますし、AIをどのような領域のものと掛け合わせるかで、できることは無限にあると言えます。

ここでは代表的なものをいくつか挙げてPythonで作れるAIについて見ていきます。

予測

AIではいろいろな予測を行うことができます。

機械学習によってデータに対して結果を学習させることで、新規データに対して予測を行うことができます。

予測と言ってもさまざまなことができます。

  • 株価の予測
  • おすすめ商品の予測
  • 売上の予測

こういった予測では人間の代わりに予測を行ってくれるためうまくビジネスに活用することができます。

予測という作業は思った以上に人間の脳を使うため疲労しますが、AIが人間の代わりに予想をしてくれればそれだけ作業が簡単になります。

精度としては、AIの方が良いか人間の方が良いのかということはケースバイケースであるためAIの判断とどのように付き合うのかということは考えないといけない所もありますが、予想という作業によって人間側の脳の疲弊が少なくするということができます。

クラスタリング

AIというと予測判断を行ってくれることが中心と考えがちですが、機械学習は過去のデータを分析する手法としても使われます。

その一つがクラスタリングです。

クラスタリングとはさまざまな情報を同じようなデータ群としてまとめてくれる作業になります。

例えば既存の顧客の中でいろいろな商品の購入情報や顧客の個人情報などがあると思います。
これらの情報をクラスタリングすることで商品のAを購入する人は商品Bを買う傾向があるなど、データ間の近似を客観的に確認することができます。
これらの分析結果を利用することで効果的なマーケティングを行うことなどができます。

クラスタリングではこれまで気づくことのできなかったデータ間の関係などに客観的に気づくことができるということからもビジネスに導入することでよりビジネスが発展するということができます。

画像関係

PythonのAIでは画像を利用することが可能です。

パソコンにおける画像ではRGBと呼ばれる色の光度で表されますので、この光度の差のパターンの法則を利用することで画像に対する判断などを行います。

画像の判断

機械学習で多くの画像を学習させることで画像に写っているものが何かといった判断を行います。

画像の中に写っているものが一体何かということを診断してくれるというと画像関係のAIソフトウェアとして一番有名ではないでしょうか。

例えばキカガクでは講座内で動物の判定を行うアプリ開発があります。アイデミーでは画像の人物の男女を判定するAIの開発を行います。

異常検知

画像の中の異常部分を検知してくれる方法になります。

事前に機械学習で正常なものと異常なものを学習させておくことで画像のなかに異常な部分があるのかどうかといったことを判断してくれます。

例えば、ネジといった部品の中に不良品があるかなどを判定したり、医療現場ではスキャン画像からガンの検知を行ったりなどがあります。

画像生成・画像加工

最近ではAI技術の一つであるGAN(敵対的生成ネットワーク)を利用することで画像の生成・加工することもできます。

GANを利用することで、実在しない画像などを作成することができます。

最近ではAIによって過去の画家を真似た新しい作品などが生まれていますが、あれもGANを利用していることになります。

また、GANを利用することで既存の画像を加工することなどができます。

例えば、着色されていない画像に対してAIを利用し着色するということをよく見かけますが、これもGANを利用しています。

自然言語

自然言語とは、私たちが普段話している言語(日本語・英語・中国語など)のことを言います。

最近のAIではこの自然言語に関する取り扱いもできるようになってきています。

文書作成

PythonのAIによって特定の単語や文章を入力した後の文章を作成してくれることができます。

最近ではAIが文章を執筆してくれることも多いですがこういった人間の代わりに記事を執筆することも可能ということになります。

文章仕分け

ネット上の記事などを収集し、その記事の内容からどういったカテゴリーの文章なのかといった予測を行ってくれます。

例えば新聞記事を収集し中身の単語の出現回数などから、スポーツの記事なのか政治記事なのかといったことを判断してくれます。

チャットボット

チャットボットとは短文形式の返答をリアルタイムで返してくれる機能になります。

最近ではLINEでこちら側がメッセージを入力したら、自動で返信してくれる機能がありますがこれがチャットボットになります。

チャットボットの作り方次第ですが、こちらが入力した内容をもとに「どういった内容なのか」「どういった質問なのか」といったことを判断し、判断内容に応じた返答を行ってくれることが可能になります。

このチャットボットを利用することで社内のヘルプデスク対応をパソコンに任せておくことなどができます。

自動翻訳

Googleの英語翻訳の機能を利用したことがあるという人は多いと思いますが、Googleではこの英語翻訳の機能をPythonで使えるようにしてくれています。

そのため、PythonのAIでGoogle翻訳の機能を追加することが可能となります。

自動要約

PythonのAIでは文章の要約を行ってくれる機能もあります。

文章を入力することで、文章内の重要な部分だけをまとめて出力してくれるため、議事録の作成などに利用することができます。

言語分析

言語の中にある言葉から感情分析を行ったり、ネガポジ判定などを行ったりができます。

最近ではTwitterによる個人の投稿も多いのでこういった文章を取得し文章判定を行うことで、トレンドなどを追うこともできます。

AIでできることの注意点

PythonのAIでできることと精度は別に考える必要があります。

特にAIでは過去のデータなどを学習させるなど人間側でどのようにするのかといった過去データの分析の方法を人間側で指定します。

また、画像の検知などではどれくらい判断のミスを許容するのかといったことを考えておく必要があります。

コツリン
AIでできるからといって安易に導入すると予想・判断などの結果が利用できない場合もあるから注意が必要だ

また、実際に機械学習で学ばせる際にもどのようなデータで学ばせることでどのような結果になるのかということを理解しておかないと、想定していたAIと違う判断をするAIが作成されてしまいます

実際に機械学習を行う場合にはどのようなデータを使用して分析するのか、どういった手法で機械学習を行うのかを見極めておかないと使えないAIが作られてしまうので注意してください。

自分が思い描くAIができるか確認する方法

今回はPythonのAIでできることをいろいろと見てみましたが、AIは応用範囲が広くほかにもいろいろなことができるため、AIのことを知らない段階で自分が思い描くAIを構築することができるのかということはわからないと思います。

しかしながら、自分が思い描くことが実現できるかどうか確認する方法が一つだけあります

それがAIのプログラミングスクールの無料相談会です。

特にキカガクの長期コースでは最終的に自分で作りたいAIのWebアプリを作成します

無料相談会では実際のエンジニアの人と話すことができますので自分のやりたいAIが実現可能かがわかるほかスクールに参加し実際に作ってみることで色々な発見やAI構築や利用の注意点がわかるようになります。

まずは、相談してみて実際に自分の作りたいAIが本当にできるのかということを確認してみましょう!

  • Microsoftが学ぶAIスクール
  • 一生見放題のコンテンツ

相談無料 公式HPはこちら

リンク先:https://www.kikagaku.ai

今なら相談会参加で有料動画プレゼント

おすすめAIスクール

キカガク

アイデミー

データミックス